カードローンとフリーローンの違いとは?

カードローンとフリーローン、日常何となく見聞きして使っていますが、違いを知っていますか。

 

どちらも使途は自由、生活の手助けをしてくれるローン、何が違うのでしょう。決定的な違いはお金の借り方です。

 

カードローンとフリーローンの借り方の違い

 

カードローンの場合、仮に最高融資額が50万円だとします。50万円満額を借り、しばらく返済をして、残高が30万円になったとします。一応この時点での借金総額は30万円となりますね。20万円空きが出ます。その20万円分をまた追加で借り入れが可能なのです。

 

逆にいうと、少しでも最高借入額に余裕が出来ると、どんどん借り入れが可能なので、借金がいつまで立っても減らない可能性があります。

 

フリーローンの場合は、最高借入額が50万円だとして、同じようにしばらく返済を続け、残高が30万円になったとします。更に借り入れは不能です。

 

最初の50万円を完済するまでは、次の借り入れは出来ないのです。つまり、一度借りた額=借金の額ということですね。

 

言葉の響きだけだと逆のようですが、フリーローンの方が借り入れはしづらいところがあります。もちろん別口の借金として借り入れをすることは出来ます。

 

それゆえに、審査基準はカードローンの方が難しく、フリーローンは通り易いとも言われます。またカードローンの方が金利が高く、フリーローンの方が低い傾向にあります。

 

仕組みを考えれば解りますが、カードローンのような借り方の場合、返済能力の低い人に借りられては、貸金業者は溜まったものではありません。

 

どんどんお金を借りられてしまいます。そのようなことがないように、高めの金利と審査基準になっているんですね。

 

フリーローンはその逆です。借りる人の条件がフリーに近いと覚えておくと、覚え易いかもしれませんね。