どのようにフリーローンの金利が決められるか

フリーローンの金利は年率4〜18%となっていますが、これはある人はフリーローンを年率4%で利用できて、またある人は年率18%払うことになるということです。

 

ではなぜ同じフリーローンでこれほどまでの差が出るのでしょうか。

 

銀行であれ消費者金融であれ、スコアリングといわれている数値をもとに金利を決めています。

 

スコアリングは次のことを数値化するものです。

 

・年収はいくらか
・他社からの借入があるか
・会社員か個人事業主か
・過去の返済でトラブルはあったか
・担保となる持ち家などがあるか

 

これらを数値化した後に様々な事柄を考慮して、金利が低くなるか高く設定されるのかを決定しています。

 

フリーローンの金利の設定

 

スコアリングは金利を設定する際にだけ利用されるのではなくて、年収があまりにも低かったり、他にもフリーローンの借入がある、そしてスコアリングによって出された数字があまりにも悪いと、金利だけでなく借入そのものができなくなる場合もあります。借入の際に最も重視される、返済能力疑問をもたれてしまうからです。

 

一流企業の重役の親族であったり、持ち家があり、安定した定期的な収入が見込める、過去に返済時のトラブルが無いなどの人は、場合によっては最も低い金利で借入できることがあります。

 

フリーローン会社側は、きちんと返済してくれそうな信用できる人物には、これからも継続的な関係を築いていこうと金利を低めに設定してくれるからです。

 

それとは反対に、例え年収が多かったとしても、過去に返済トラブルがある、定期的な収入が見込めない個人事業主などは、返済能力に不安があると認識されてしまい、金利も上限に設定されてしまうということになります。

 

通常は、フリーローンを初めて利用する際には金利は高めに設定されます。金利を低くしてもらいのであれば、フリーローン会社に信頼され信用してもらえる人になりましょう。